シンギング・リンって?

       シンギング・リンってどんなもの?

心身を調和に導く奇跡のヒーリング楽器・シンギング・リン

シンギング・リンはチベット密教で法具として使われるチベタンボウルと日本の仏具のおりんの2つの長所を融合させて2004年に完成した日本発の全く新しい音響楽器です。

その美しい響きは宇宙の響きと呼ばれ、奇跡のヒーリング楽器とも言われています。

大きさが大小の2種類のみで(それぞれ名前が宇宙・大地)、銅を主体とした数種類の金属から作られています。

それに、リンが割れないギリギリの量の珪素(ガラス質)も含まれています。

シンギング・リンは縁のぐるり360度どこを叩いても同じ音、同じ周波数がでるように、調律に調律を重ねてつくられております。

シンギング・リンに水を張って奏でた時、水面に六芒星が浮かびあがるのがその証拠です。

黒いのは漆で漆を焼きつけ塗装しています。

シンギング・リンの特徴として、出る音は音叉のように単音ではなく、低周波から高周波まで幅広く複数音が出ます。

そして、倍音が非常に豊かで、しかもそれがとても長く続きます。(約4分ほど)

その倍音には心身の浄化と深い癒し効果があります。(倍音とはウワン・ウワンと鳴り響くうなり音のことです)

シンギング・リンが奏でる響きは調和の音色です。

心と身体が発している不協和音を本来の調和した状態にチューニングし、心身ともに安らいだ状態にしてくれます。

これは、シンギング・リンの音色を聴くと脳波がα(アルファ)波やθ(シータ)波に変化することによるものです。

ストレス社会でガチガチの現代人をストレスから解放し、生きるのをラクにし、生きる力を最大限に引き出してくれます。

シンギング・リンは医師、セラピストをはじめとする代替医療、ホリスティック医療関係者、メンタルを重視されるスポーツ界、教育界、美容業界、日本伝統文化、映画、音楽、メディアなどさまざまな分野から大変注目されており、シンギング・リンの調和と癒しの音色は、世界にも広がりつつあります。